受験情報

受験情報

受験生の保護者が本当に知りたかった兵庫県公立高校入試情報

2008.06.16日

職員室の窓から
岡村ゼミナール教育顧問 大 西 豊 司


10月6日、県教委は9月1日調査の公立高校進学希望調査の結果を発表した。
新聞紙上でご覧になられた方も多いことと思うが、毎年この調査の結果は大変な数字が出て、驚かれる保護者・生徒も・・。「少しくらい上の高校を書いておけば、少し下げられても元々だ」という考えで調査用紙に高校名を書く家庭。「少しくらい上の高校にしておかないと本人が勉強しない」「どこの高校くらいのレベルの成績かよくわからない」から「適当にまあ、聞きなりのいい高校名を書いておこう」・・・こんないろいろな理由でランクの上位高へ希望者が殺到することになっている。この中でも、「上の方の高校を書いておけば、先生はそのつもりで考えてくれる」というものが一番多い。


top_014.jpg私は市立中学校の教諭をしていて、その間に13回卒業生を送り出した。その経験をもとに高校進学に家庭として、親として、どう対処するのが一番賢明かを明かしたい。
公務員には当然「守秘義務」というものがあるので、それに触れない程度でギリギリの線まで、中学3年生の学年主任や担任の本当の気持ちを披露したい。


●続きはこちら

高校入試(受験)に関する「うわさ」・・・うそ、ほんと Q&A

2008.06.16日

top_016.jpg


1)  Q:部活動に入部していたら入試に、有利?


A:そんなことはない。調査書には部活動名は書くが、高校ではそれを得点化していない。
特定の高校では、その高校が定めた部活動の成績が特に優れている生徒について調査書に朱書して、有利に取り扱う「特別取り扱い」を実施しているが次のような条件による。
@その活動(成績)が際だって優秀であること。(例、近畿、全国大会、国体)
A入試の成績が合否判定の境界線(ボーダー)を10%下回る点数であること。
平成18年度の例、県全体で申請した数・・・1257名
上の@、Aに該当した者・・・96名 内合格者・・47名
但し、複数志願制度を導入している学区は適応しない。


2) Q:中学校で生徒会やクラスの役員をしていると入試に有利?


A:そんなことはない。今の入試制度では調査書には記入するが、それを得点化していない。
調査書を調べる委員(高校側)はチエックはするだろうが。



●続きはこちら